前へ
次へ

登記をする必要性が不動産にはあります

不動産には登記というものが必要になるのですが登記申請をするのはその権利の変動があった時ということになります。
ハワイによっては消滅というようなこともあります。
これは登記をする原因がなくなったときなどです。
地上権とか貸借権が亡くなった場合などに行う行為になります。
登記には種類が色々とありますし効力や内容にも違いがあるので注意しておきましょう。
終局登記というのは正式な登記のことであり第三者に対して対抗することができるようになります。
つまりは、自分の不動産であるということを主張する事においては最も強いパワーを持つ根拠となるわけです。
本登記と呼ぶこともあります。
不動産関係でもめるということで多くあるのが所有権云々のことなのですが基本的にこの登記がされている人というのが所有権として認められる人になりますので覚えておくと良いでしょう。
これは自分でやることもできますが大抵の場合は専門的な人に任せてしまうことでしょう。

Page Top