前へ
次へ

不動産経営での家賃保証というのは

家賃保証制度というのが不動産投資にあるにおける様々な業者がやっていることの一つということになりますが、よくよく契約書を読まないと家賃の改正などは相手が一方的に行えたりするということもあったりするので注意しておきましょう。
当初設定した家賃は保証期間中のみ保証されるというような形になっているのでずっとそのまま保証されるわけではないというのが一般的なこの手の家賃保証制度の基礎になっています。
ここで揉める人が多いです。
不動産の購入というのは普通に自分がするような不動産などの場合においては売る側に説明をする責任というのがかなり強くあります。
ですが、投資と言う形になる場合、それは対等な立場ということになりますので一方的に販売する側などに重い責任が課せられているというわけではないという部分が合意したトラブルの原因になっているとも言われているわけです。
ですからやるときには不動産を買う人と言う立場ではなく投資をする、経営をする側という認識を持ちましょう。

Page Top