前へ
次へ

不動産は大原則としてある部分が

不動産投資の大原則と言えるのは買ってすぐによい資産となるかどうかということでしょう。
とにかく不動産であれば何でも良いというわけではありませんので基本的に株式投資のようなものではなく今現在の価値というのをよく理解した上で投資物件を決めなければならないのが不動産投資の大きなポイントになります。
家族向けの投資物件が欲しいのかそれとも単身者向けの投資物件にするのかというような目線からアプローチというのもあります。
現状では転売というのはあまりお勧めできるような狙い方ではないです。
現状、不動産投資というのは人に貸すための物件をどうにかして手に入れてそれを家賃収入を期待するということになるわけですが、やはりなんといっても物件選びが何よりも重要な部分になってくるということになります。
そこで失敗すると大変なことになります。
まずはとにかくイニシャルコスト考えることです。
そのイニシャルコストを少しでも下げるように頑張るのがポイントです。

Page Top