前へ
次へ

オール電化住宅の光熱費が安くなる理由

これから住宅を建てるとき、その他分譲マンションの購入や賃貸物件の利用においてエネルギー供給がどうなっているかは考えなくてはいけません。
電気とガスがエネルギーとして必要になりますが、最近はオール電化と呼ばれるガスを使わずに電気のみを利用する仕組みが注目されています。
オール電化のマンションにおいては元々ガス管などが無く、新たにガス管などを設置することはできません。
その分設備費は安くなり、将来もガスに関するメンテナンス費用がかかりません。
ガスの基本料金もかからなくなるので光熱費の節約になると言われています。
ただガスを使わなくても電気代がその分かかる気もします。
実際にオール電化にすることで光熱費が安くなるケースがありますが、そのためにはいろいろな条件が必要になるでしょう。
まず電気を二重利用する仕組みで、余ったお湯を貯めたりできれば安く利用できます。
さらにオール電化向けの格安電気料金プランを用意している電力会社の利用が必要になるでしょう。

Page Top